最近の外国人観光客の増加傾向について

###Site Name###

外国人観光客は2011年から大幅な増加傾向になっています。

その要因は円安効果もありますが、外国人の短期滞在査証(ビザ)の発給要件を大幅に緩和したこと、消費税免税制度を拡充したことも影響しています。ニュースなどで韓国や中国との国交問題が取り出されていますが、外国人観光客を国別でみると上位3位は台湾、韓国、中国です。

国交問題と日本に対するイメージに違いがあるのかもしれません。
また、中国を含め、アジア各国は経済成長によるインフレ傾向に対して、日本は長期にわたるデフレが続いていたため、日本製品が自国より安く購入できるのも訪日する理由の一つと言われています。

NAVERまとめ情報が揃っています。

外国人観光客が増えるということは、国内の顧客が増えるのと同じことです。

また、宿泊や交通機関も利用します。



日本は少子高齢化により、人口が減少傾向であるため、内需が弱くなります。

そのため、外国人観光客を増やし、日本国内で消費してもらうことで内需の活性化に期待ができます。

訪日観光客はアジアの裕福層が大きな割合を占めていますが、アジア地域の所得は増加傾向であるため、将来的には中間層の観光客の増加も期待できます。

あなたに合った条件で外国人観光客の誘致の基礎知識をご説明をしたいと思います。

2020年には東京オリンピックもあるので、アジア以外の地域からも注目度が高くなるといえます。

ただ、外国人観光客が日本で悪いイメージを持たれては、困りますので、日本人一人ひとりが「おもてなし」の心を持って、接することが重要なことだと思います。

PAGE TOP