小規模小売り店こそ地域に密着した新聞折込が効果的

###Site Name###

新聞折込の広告効果は比較的安定したものと申せますが、特に地域に密着したものはそれが顕著と申しても過言ではないでしょう。

例えば、大手スーパーなどが広域に出す新聞折込などでは周辺地域の広範囲での集客が見込めますが、常連となる可能性は決して高いとは申せません。
セールなどの期間限定や、休日を利用して遠くから利用する客層が中心となりますので、そのまま常連となる場合が多いとは言えないからです。
しかし、大手スーパーなどにとっては、他の店舗と連携もできますし、そうした客層を取り込むことで一時的に売り上げが伸びるわけですから、そのメリットは大きいでしょう。



ただ、地域の小規模小売り店にあってはそれがメリットとは断言できないのではないでしょうか。
地域の小規模小売り店にとっては、常連を根付かせることこそが安定経営の条件と申せます。

したがって、地域を限定した新聞折込が集客の大きな武器となるとも申せましょう。

ポスティングに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

例えば、小売り店では特売や外食店などではランチサービスなどの新聞折込広告を、徒歩や車で30分以内などの地域に限定して配布することで、地元中心の顧客の関心を惹くことができるのではないでしょうか。



それが、結果的に常連客を根付かせることとなる場合も決して少なくありませんので、費用もあまりかからず効果的な利用法とも申せましょう。


このように、自分達がどのような客層を欲しているか、をよく理解し、その客層にピンポイントでアピールすることができれば新聞折込の効果を最大限に活かすことに繋がるのではないでしょうか。

PAGE TOP